SYMPHONYとテンセントが提携を発表。 WECHATをSYMPHONYのコラボレーションコミュニティと連携。

Symphonyの安全性高くコンプライアンスの確立されたプラットフォームを活用してWeixinユーザーと規制された業界のプロフェッショナルとのコミュニケーションを可能に

 

 

香港、2019116 – 安全性の高いクラウドコラボレーションのリーディングプロバイダーであるSymphonyは本日、テンセントとの提携を発表しました。この提携により、Symphonyが持つ450,000の世界市場のユーザーとWeixin(中国国外ではWeChat)のプラットフォームがつながることが可能になります。

 

 

世界初と言える二つのグローバルコミュニティがつながる今回の連携により、さらにユーザーの趣向に合ったアプリケーションを介しビジネスを円滑にすることができます。また、Symphonyユーザーは信頼障壁や情報ガバナンス、データ主権などの重要な金融規制要件を満たしながら中国はもちろん、世界中のWeixinユーザーとコミュニケーションが可能になります。

 

 

今回の提携を受け、Symphonyの創業者兼最高経営責任者(CEO)であるデービッド・グーレは「10億人を超えるアクティブユーザーを抱えるWeixin/WeChatは中国と世界の一般消費者や金融機関にサービスを提供しています。そして私たちの主要なユーザーであるグローバルマーケット部門やウェルスマネジメント部門では、高い安全性を保った形でのWeixinコミュニティへつながるソリューションを必要としています。この提携は我々の信頼性の高いコラボレーション及びワークフロープラットフォームとテンセントのWeixinのエコシステムを結びつけます」とコメントしています。

 

 

Symphony・Weixinサービスは、Symphony上でガバナンスポリシーやコンプライアンスの順守を保ちながらリアルタイムでWeixin上の顧客とのコミュニケーションを可能にします。また、WeixinユーザーはQRコードを通じ、今までと変わらない慣れ親しんだインターフェースでご利用いただけます。すべてのメッセージは自動的に既存のコンプライアンスポリシーはもちろん、情報障壁、マルウェアからの保護、情報漏えい対策が適用されます。

 

 

今回、ユーザーのニーズに的確なサービス提供ができるよう、SymphonyはBNPパリバ、シティバンク、ドイツ銀行、そしてゴールドマン・サックスなどの共同開発パートナーとともに数々のテストを通じた開発を行ってきました。

 

 

「Weixinのエコシステムは間違いなく中国市場における最善のコミュニケーションツールですが、今まではその使いやすさと、厳重なコンプライアンス要件をともに実現することが困難でした。しかし今回の提携により、SymphonyとWeixinは、我々が重要視する市場において、高い安全性と利便性を両立させながらのお客様とのコミュニケーションを可能にしました。ドイツ銀行は今回コンプライアンスにおける厳格なる課題を解決しながらSymphonyの既存のコミュニティユーザーにWeixin上の顧客とのシームレスなコミュニケーションの提供を可能にしたチームの一員であることを大変嬉しく思います」とドイツ銀行アジアパシフィックのChief Information Officer for Investment and Corporate Bank、クリス・ベズイデンホウトはコメントしています。

 

 

Symphonyの導入についてのお問い合わせリンク:www.symphony.com/contact

 

 

■Symphonyについて

 

2014年提供開始のクラウドベースコラボレーションプラットフォーム。日々研究が重ねられるオープンなアプリエコシステムを活用しているとともに、暗号化キーインフラストラクチャーによって保護されており、世界基準での規制、コンプライアンスの順守を保ちながら、より効率性の高いワークフローを実現しています。数々の金融機関で導入されているプラットフォームであり、現代の情報社会における生産性の向上に尽力しています。

 

現在は世界中で400社以上450,000名以上のユーザーがおり、毎月六千万件以上ものメッセージがやりとりされています。

 

Symphonyの詳細はこちら:www.symphony.com/ja

 

 

テンセントについて

 

テンセントはインターネットユーザーの毎日を、テクノロジーを使って豊かにしています。テンセントが提供するソーシャルプロダクトであるWeixinやQQは、ユーザーをゲーム、動画、音楽、本などの数多くのデジタルコンテンツへつなげる役割を担っています。また、テンセント独自のターゲティングテクノロジーにより、億単位での消費者へのリーチが可能です。支払い、セキュリティ、クラウド、AIなど、テンセントが持つインフラストラクチャーは様々なパートナー企業のビジネスの発展をアシストしています。テンセントは、インターネットと企業の発展を目的に、革新と人材への投資を重要視しています。

 

テンセントは1998年に中国深圳市に創業しました。テンセントの株(00700.HK)は香港証券取引所で取引されています。

 

テンセントの詳細はこちら:www.tencent.com

 

 

For media enquiries, please contact:

Pranav Rastogi

REDHILL

pranav@redhill.asia